アフロス テン ヴィーニョ・ヴェルデ(白) 2018
さわやかさが人気。10%Alc.のヴィーニョ・ヴェルデ。
ワイン名
アフロス テン ヴィーニョ・ヴェルデ(白) 2018
Aphros TEN 2018
ヴィンテージ
2018
タイプ
白    辛口  甘口
生産者
アフロス・ワイン
原産地
ポルトガル ヴィーニョ・ヴェルデ地方
格付け
DOC ヴィーニョ・ヴェルデ
参考小売価格
¥2,083 (税込 ¥2,291)
使用ぶどう
ローレイロ100%
アルコール濃度
10.0%
土壌・製造方法
サブ地域はリマの南。土壌は南花崗岩、砂、石灰岩で、南向きの傾斜。ステンレス製バットで発酵。2ヶ月間シュル・リー。ろ過して瓶詰。
テイスティングコメント
輝くシトラスカラー。イキイキとしたレモンの香り。ライチ、フローラルのフレッシュな風味。さわやかな酸味とほのかな甘みが優雅に調和。アルコールは低め。
飲み頃温度
10-12℃
料理との相性
魚介料理、えび、かに、すし、サラダ、果物
備 考
ギリシャ神話『美の女神アフロス』を名乗る。ヴィーニョヴェルデの貴婦人といわれる高貴な品種ローレイロ。品種名はローリエのようなさわやかさに由来する。
受 賞
JANコード
5600329041002
商品コード
kip106
容量/入数
750ml/6本
ステータス
オーガニック未認定・ビオディナミ製法   認定機関:

アフロス・ワイン
■リマ(Lima)地区の山々に囲まれ、太陽の下リマ川を見下ろす丘の、20ha以上の恵まれた荘園には、ぶどうの他、アカシア、樫、松の木などが茂っている。
■17世紀から続くこの荘園を受け継いだのは、建築家であるヴァスコ・クロフト。イギリス・サセックにあるシュタイナー思想を教育するエマーソンカレッジでバイオダイナミック農法を学び、この土地を表現するユニークなワイン造りのため、土地固有のぶどう、ローレイロとヴィーニャオンのビオディナミ栽培を始めた。
■2010年末にはポルトガルで権威のあるViniportugal's International Conferenceの活動の一環としてその訪問を受けるという栄誉を受けるなど、今やポルトガルのビオディナミ農法のリーダー的存在である。

この生産者 アフロス・ワイン は他にこういうワインも造っています。