ラ・コロンブ 畑(看板入り) ラ・コロンブ ロゴ ラ・コロンブ 畑

スイスジュネーヴ湖畔でビオディナミを実践するレイモンド・パコ

Domaine La Colombe

スイス
ラ・コロンブ ファミリー
レイモンド・パコ(Raymond Paccot)と彼のチームは、スイスのジュネーヴ湖の北ヴォー州のフェシー(Fechy)村にあるドメーヌ・ラ・コロンブ(Domaine La Colombe)に広がる15haの畑で10種類のぶどうを育てています。

教師であったパコはワイン醸造学を学び、南アフリカ、カリフォルニア、スペインでの経験のあと1978年にフェシー(Fechy)村に戻り、父のワイナリーを引き継ぎました。長年にわたりビオディナミに基づいた土壌造りに取り組み、固有のミネラルを味わいを引き出すことに成功しました。特にシャスラ種は土壌の個性がよく反映し、素晴らしい味わいを楽しむことができます。 これぞスイスワイン! スイスの土壌、自然とのハーモニーをお試しください。

イタリア北部を支配していたサヴォイ公アマデウス6世の時代に外交官を勤めたパコ家の祖先が1356年に下賜された家紋に描かれている鳩がラベルに使われ、伯爵の名が付けられているのが、アメデーです。

ヒュー・ジョンソンのポケットワインブック2013で4ッ星(★★★★)を獲得しています。

ラ・コロンブ 樽 ラ・コロンブ チーム ラ・コロンブ 畑
この生産者 ラ・コロンブ はこういう商品を造っています。