シエラ・ノルテ ベルシアル ラデラ・ロス・カントス ティント (赤) 2019
バレンシア地方の近代的赤ワイン
ワイン名
シエラ・ノルテ ベルシアル ラデラ・ロス・カントス ティント (赤) 2019
Sierra Norte Bercial Ladera Los Cantos Tinto 2019
ヴィンテージ
2019
タイプ
赤    フルボディ  ライトボディ
生産者
ボデガス・シエラ・ノルテ
原産地
スペイン バレンシア地方
格付け
DOP ウティエル・レケーナ
使用ぶどう
ボバル65%、カベルネ35%
アルコール濃度
14%
土壌・製造方法
手摘み収穫、発酵前に10℃くらいの低温でタンクの中で寝かせ、そのままゆっくり発酵、フレンチオーク樽で18ヵ月間熟成。
テイスティングコメント
縁がルビーのガーネットチェリー色、赤いベリー系の香り、熟した果実、カカオ、林床の香りにトーストしたオークも感じられる。肉厚で丸みのある口当たり、軽い舌触りにシルキーなタンニンがあるが、素晴らしい余韻とエレガンスな味わい。
飲み頃温度
16-18℃
料理との相性
赤身肉のローストやシチュー、硬化チーズ。ぶどうの新芽で作ったリゾット。
備 考
「ラデラ・ロス・カントス」は畑の名前。
JANコード
8436017631333
商品コード
kie250
容量/入数
750ml/6本
ステータス
オーガニック認定 ヴィーガン認定
ヴィーガン認定機関
参考小売価格
¥3,700 (税込 ¥4,070)

ボデガス・シエラ・ノルテ
■1914年には穀物畑ばかりだったカンポロブレス村(バレンシアの西)の0.8 ha畑でぶどう栽培を始め、ここにローカルなぶどう種、ボバルやマカベオなどを育てながら徐々に成長した。
■1980年代には変人扱いされながらも信念に基づきオーガニック栽培に方向転換し、その後2000年頃にワイナリーを建てると共に、ボデガス・シエラ・ノルテとして自分達のワイン造りを始めた。
■現在ではカンポロブレス(Camporrobles)、ラ・ローダ(La Roda)、フミーリャ(Jumilla)、エルピノーソ(ElPinos)の4か所に広がる総面積322 haの畑から収穫される多種のぶどうがワイナリーに集められ、30種類を超えるワインが造られている。

この生産者 ボデガス・シエラ・ノルテ は他にこういうワインも造っています。