シエラ・ノルテ アナント ティント ローブレ (赤) 2020
黒い果実とトーストの甘やかな香り。ボバルの美味しさが溢れる。
在庫状況
在庫切れ(入荷予定:2024.7 中旬頃)
ワイン名
シエラ・ノルテ アナント ティント ローブレ (赤) 2020
Sierra Norte Ananto Tinto Roble 2020
ヴィンテージ
2020
タイプ
赤    フルボディ  ライトボディ
生産者
ボデガス・シエラ・ノルテ
原産地
スペイン バレンシア地方
格付け
DOP ウティエル・レケーナ
使用ぶどう
ボバル100%
アルコール濃度
13.5%
土壌・製造方法
バレンシアから内陸に70km、標高900mの、周りを高山に囲まれた平野。赤色の粘土を含む土壌。地中海性気候。フレンチオーク樽とアメリカンオーク樽で6ヶ月熟成。
テイスティングコメント
鮮やかなチェリーレッド色。イチゴやカシス、プルーンの香りと、バリックからの甘いトースト香。フルーティで柔らかなタンニン。バランスが良く、心地よい余韻。
飲み頃温度
14-16℃
料理との相性
JANコード
8436017631906
商品コード
kie246
容量/入数
750ml/6本
ステータス
オーガニック認定 ヴィーガン認定
参考小売価格
¥1,800 (税込 ¥1,980) 

ボデガス・シエラ・ノルテ
■1914年には穀物畑ばかりだったカンポロブレス村(バレンシアの西)の0.8 ha畑でぶどう栽培を始め、ここにローカルなぶどう種、ボバルやマカベオなどを育てながら徐々に成長した。
■1980年代には変人扱いされながらも信念に基づきオーガニック栽培に方向転換し、その後2000年頃にワイナリーを建てると共に、ボデガス・シエラ・ノルテとして自分達のワイン造りを始めた。
■現在ではカンポロブレス(Camporrobles)、ラ・ローダ(La Roda)、フミーリャ(Jumilla)、エルピノーソ(ElPinos)の4か所に広がる総面積322 haの畑から収穫される多種のぶどうがワイナリーに集められ、30種類を超えるワインが造られている。

この生産者 ボデガス・シエラ・ノルテ は他にこういうワインも造っています。