テンポーレ ヘネラシオン 20/ガルナッチャ (赤) 2018
厳乾燥地の高樹齢高濃度ガルナッチャの逸品
ワイン名
テンポーレ ヘネラシオン 20/ガルナッチャ (赤) 2018
Tempore Generación 20 / Garnacha 2018
ヴィンテージ
2018
タイプ
赤    フルボディ  ライトボディ
生産者
ボデガス・テンポーレ
原産地
スペイン アラゴン地方
格付け
IGP バホ・アラゴン
使用ぶどう
ガルナッチャ100%
アルコール濃度
14.5%
土壌・製造方法
サラゴサの南。標高600メートル。斜面の岩場に、ミネラルが豊富な石灰質土壌を含んだ畑。樹齢75年以上。内陸の厳しい乾燥地のため、ブドウの糖度が高い。自然醗酵。新しい500リットルのフレンチオーク樽で14ヶ月熟成。
テイスティングコメント
濃いチェリーレッド。ほのかに甘くスパイシィな香り。バランスが良くエレガント。
飲み頃温度
16-18℃
料理との相性
備 考
この樹齢75年以上のブドウを植えた、1920年生まれの先々代(今なおご健在)の顔がエチケットに描かれている。
受 賞
ベルリン・トロフィー・コンテスト2019-金賞
JANコード
8437005021402
商品コード
kie205
容量/入数
750ml/6本
ステータス
オーガニック認定 ヴィーガン認定
オーガニック認定機関
ヴィーガン認定機関
参考小売価格
¥2,910 (税込 ¥3,201)

ボデガス・テンポーレ
■ヤゴ・アスナー一家が4世代に渡り培ってきたワイン造りの情熱が継がれ、2002年新たなワイナリーとして誕生。現在では数々の賞を受賞する注目ワイナリー。
■スペイン北部の内陸にあるサラゴサ地方の、海抜550mにある乾燥した大地に広がっている70haの畑。ミネラルに富む石灰質の土壌。
■テロワールへの尊敬から、ブドウ畑はオーガニック栽培、その畑由来の酵母でワインが醗酵されている。
■Temporeとは時の意。『めぐみの時』を表す。ワイナリーの伝統的な建物は、アラゴン地方産のレンガやアラバスター(雪花石膏)が使われている。

この生産者 ボデガス・テンポーレ は他にこういうワインも造っています。