bolet bolet ぶどう畑

カタルーニャで代々ワイン造りを続ける家族ボレット

bolet family
ボレット(Bolet)はバルセロナの西、カタルーニャ地方ペネデス(Penedès)の中心部に、7世代以上にわたってワイン造りを続けています。

カステルビ・デ・ラ・マルカ(Castellví de la Marca)、マス・ルエト(Mas Lluet)、カン・プラネス・デン・ペルーイ(Can Planes d’en Perull)レス・コニレーレス(Les Conilleres)と呼ばれる、それぞれ標高の異なる3つの畑があります。

20世紀の初めに、Jaume Bolet Galofréが地域特有の白と赤の品種を植林したのがワイナリーの始まりで、70年代にはアントニオ ボレット パスカル(Antonio Bolet Pascual)がワイナリーの近代化を進めました。現在では27haに拡張したぶどう畑に新しいぶどうの木が植えられ、CCPAE(有機農業生産のカタロニア協議会)の有機農法に準拠したワイン造りを進めています。

boletぶどう畑 bolet
この生産者 ボレット はこういう商品を造っています。