アンバル 畑 アンバル ロゴ アンバル 畑

クレマン・ド・ブルゴーニュの最大生産者

アンバル ファミリー
1898年夫に先立たれたマリー・アンバル(Marie Ambal)は、彼女の故郷のブルゴーニュ・リュリー(Rully)村に戻り、当時始まったシャンパン方式によるスパークリングワイン造りを目の当たりにします。これに興味を持った彼女はブルゴーニュワインの販売をしていた兄と共に、自分達のワイナリーでスパークリングワイン造りに着手し、1908年にはすでに高い評価を得るに至りました。

その後、時代を超え家族の間でワイン経営が受け継がれる中で、ビジネスは大きく発展し、2010年には、マリーから数えて6代目となるオーレリアン・ピフォー(Aurélien Piffaut)が加わり、今では、伝統と近代的な技術に支えられる優れたクレマン・ド・ブルゴーニュ造りの第一人者の地位を獲得しています。

アンバル セラー アンバル 畑
この生産者 ヴーヴ・アンバル はこういう商品を造っています。