ブドウ畑 マーク(四角) 地図

火山の島リパリのテロワール。アルベレッロ。自然醗酵。

■イタリアシチリア本島の北東に位置するエオリア諸島の一つ、世界遺産の火山島リパリ島。太陽と青い海の自然の色そのままの景勝が観光客を惹きつける。火山島リパリの火山性砂質土壌の肥沃さ、微量元素の豊富さは、エトナやタウラジに匹敵する。
■今はリパリ島で唯一のワイナリー、カステッラーロの創立は2005年。畑は、島の中央、標高350m。2000年以上前にギリシャ人によってもたらされたアルベレッロ(Alberello)方式を採用し、ぶどうの樹を非常に密に植え、高さを低く保ち、収量を抑え高い品質を保つ。手摘みで収穫したブドウを自然醗酵させる。また、極力機械を排除し電力は風力から得ている。
■2014年にはエトナに2haの混植畑を購入し、リパリの本拠地と同じ考え方でワインを造る。
■シチリアの葡萄栽培、ワイン醸造の第一人者として知られるサルヴォ・フォーティ氏が率いるイ・ヴィニエーリのグループ。

ブドウ畑 セラー オーガニック認定証
この生産者 テヌータ・ディ・カステッラーロ はこういう商品を造っています。