バアル ビアンコ・ディ・バアル (白) 2017
自然醗酵のフィアーノは、新鮮なグレープフルーツの風味。
ワイン名
バアル ビアンコ・ディ・バアル (白) 2017
Bianco di Baal 2017
ヴィンテージ
2017
タイプ
白    辛口  甘口
生産者
カーサ・ディ・バアル
原産地
イタリア カンパーニア州
格付け
IGT コッリ・ディ・サレルノ
参考小売価格
¥2,750 (税込 ¥2,970)
使用ぶどう
フィアーノ、モスカート、ファランギーナ
アルコール濃度
12%
土壌・製造方法
サレルノから15kmほど内陸のモンテコルヴィーノ・ロヴェッラの標高150m、粘土石灰質の畑。9~10月末に手摘み収穫後、皮ごと3日間浸漬し自然醗酵。3か月シュールリー。2月にビン詰め。
テイスティングコメント
グレープフルーツなどの柑橘、桃、ローリエ、セージ、オレガノなどのハーブ類、ややアカシア蜂蜜の風味。ほどよくやや強めの酸。複雑な心地良い余韻が長い。
飲み頃温度
10-12℃
料理との相性
アペリティフ、シーフード、セミソフトチーズ、野菜スープ
備 考
受 賞
JANコード
商品コード
kii360
容量/入数
750ml/6本
ステータス

カーサ・ディ・バアル
■先代(父)の名前がアンニバアル(英語読みでハンニバル)である。象の大軍を率いてアルプス越えをするなど、ローマ史上最強の敵として2000年以上経た現在でも研究されている、カルタゴの名将ハンニバルにちなみ、象の絵があしらわれている。
■現在は娘のアンナが両親の引き継いだ伝統と新しい活力で、目標であった自給自足に基づいたライフスタイルを実践。土壌の健康を維持するための基本である生物多様性を大切に30ヘクタールの森、果樹園、葡萄畑を所有し健康なワインを造っている。
■オーガニック栽培されたブドウの収穫は全て手摘みし、自然醗酵をする。

この生産者 カーサ・ディ・バアル は他にこういうワインも造っています。