ボレット カンタレラス ウル・デ・リェーブレ (赤) 2017
赤い果実の香り
ワイン名
ボレット カンタレラス ウル・デ・リェーブレ (赤) 2017
Bolet. Cantarelus Ull de Llebre 2017
ヴィンテージ
2017
タイプ
赤    フルボディ  ライトボディ
生産者
ボレット
原産地
スペイン カタルーニャ地方
格付け
DO ペネデス
参考小売価格
¥1,950 (税込 ¥2,106)
使用ぶどう
ウル・デ・リェーブレ(テンプラニーリョ)100%
アルコール濃度
12.0%
土壌・製造方法
ボレットの畑の中で最も高い、標高350m以上の乾燥した砂利の土壌。醗酵はステンレスタンクで22~24℃で13日間。その後、オーク樽で3ヶ月間熟成。
テイスティングコメント
紫がかった明るく輝くガーネット色。ブラックベリー、ラズベリー、チェリーなど赤い果実の香り、滑らかでまろやか、エレガントな口当たり。シルキーなタンニンが感じられる。
飲み頃温度
15℃
料理との相性
パテ、ローストダック、ミートリゾット、パスタ、煮込み、パイ
備 考
「Cantarelus(カンタレラス)」はカタロニア語で鳥と食用キノコの名前。カタルーニャ地方ではテンプラニーリョのことをウル・デ・リェーブレ(ウサギの目)と呼ぶ。
受 賞
JANコード
8437001622016
商品コード
kie159
容量/入数
750ml/6本
ステータス
新入荷 オーガニック   認定機関:CCPB (Controllo e Certificazione Prodotti Biologici) Srl (IT-BIO-009)

ボレット
■7世代以上にわたってワイン造りを続けているボレット一家。バルセロナの西、カタルーニャ地方ペネデスの中心部、カステルビ・デ・ラ・マルカに、標高の異なる3つの畑“カン・プラネス・デン・ペルーイ”“レス・コニレーレス”“マス・ルエト”を持つ(合計27ha)。
■フィロソキアの被害後、20世紀の初めに地域特有の白と赤の品種を植樹したのがワイナリーの始まり。’70年代にはワイナリーの近代化を進め、’82年には一家の苗字である『ボレット』のブランドで自家瓶詰を始めた。
■’04年にカタルーニャ地方のワインで初めてのオーガニック認証を取得。自然や土壌の個性に敬意を払いワイン造りに勤しんでいる。
■ちなみに、ボレットとはカタロニア語で「キノコ」という意味。

この生産者 ボレット は他にこういうワインも造っています。