カミーノ ロサード テンプラニーリョ (ロゼ) 2017
リースリングの香り?清涼感のあるフルーティなロゼ
ワイン名
カミーノ ロサード テンプラニーリョ (ロゼ) 2017
Camino Rosado Tempranillo 2017
ヴィンテージ
2017
タイプ
ロゼ    辛口  甘口
生産者
ボデガス・パッラ・ヒメネス
原産地
スペイン ラマンチャ地方
格付け
ヴィノ・デ・エスパーニャ
参考小売価格
¥1,250 (税込 ¥1,375)
使用ぶどう
テンプラニーリョ100%
アルコール濃度
12.5%
テイスティングコメント
やわらかいピンク色。リースリングのような清涼感のある香り。フルーティでフレッシュ。後味にミネラルを感じる。
飲み頃温度
8-10℃
料理との相性
魚介類からサラダ、野菜、肉類まで幅広く
備 考
「カミーノ」とは「聖なる道」という意味。スクリューキャップ。
受 賞
JANコード
4024967301327
商品コード
kie108
容量/入数
750ml/12本
ステータス
オーガニック   認定機関:SHC SOHISCERT (ES-ECO-002-CM)

ボデガス・パッラ・ヒメネス
■スペインの内陸部に位置するラ・マンチャ地方は、メセタ(高原台地)と呼ばれる、高原が果てしなく続くような不思議な美しさを持つ地形。ワイン生産量はスペイン全体の50%を占める。乾燥し寒暖の差が大きい上に強い風が吹く厳しい気候により、病害の影響を受けにくい。
■ボデガス・パッラ・ヒメネスは家族経営のワイナリー。現当主フランシスコ、ハビエル、ルイスの三兄弟の躍進で、現在ではラマンチャ最大のオーガニックワインメーカー。
■2003年に建てられた現在のワイナリーは、ドン・キホーテで有名なクエンカ村の、「クエスタコローラ」(赤い斜面の意)というラマンチャの平原を見下ろす小高い丘にある。近くには昔ながらの風車が並ぶ丘、「カンポ・デ・クリプターナ」や、映画「エル・シド」のロケが行われたベルモンテの町があり、観光名所となっている。 

この生産者 ボデガス・パッラ・ヒメネス は他にこういうワインも造っています。